2011年04月28日

スクール☆その61

本日スクール第61回目。

今日は天気が良くて結構気温も高いのでヴィントの集中力が心配。
いつもは脚側歩行から始めていますが、今日は気分を変えて『ポーズ』から。
まだ前足を上げて静止することに安定感が足りないため、頭上に出したご褒美を持つ手を
一瞬だけ動かすことからはじめ手を動かしても動じずに静止していられる練習をする。
最初は手の動きを上に。それが大丈夫になったら左右、そして前後。
それが出来ればバッチリぴかぴか(新しい)

そしてそのまま脚側歩行。出来るだけ楽しく歩くことを心がけて。でも、歩き出しはていねいに!
笑顔でしっかりアイコンタクト目前回よりも確実に集中出来てるるんるん

次は遠隔。コマンドはちゃんと聞けているけれど、sitやdownを繰り返すと、少しずつ前に出てきてしまう、今日はこれを修正。
対面から、ヴィントと自分の間にリードで境界を作る(downしても余裕があるくらいの位置に)。
downとsitを繰り返し、前足がリードを越えてしまったら
「あっ!」と声を出し線を越えてきた足を踏む。驚いて引っ込んだところでコマンドを出し直し、
また線を越えてきたら繰り返し、越えなかったら褒める。
前に出すぎるようならbackコマンドで後へ下がらせ、コマンドを出し直す。
何度も越えてきてリードの境界が曲がってしまったら、そのつど直し、境界を意識させる。
この訓練は継続してやらないとすぐに元に戻ってしまうので、
当分遠隔はしないで対面で修正していく。
できるようになってくれば少しずつ間を空けていき、リードもヴィントからは離していき、
それでも動かずに出来るようになればやっと遠隔に戻す。
ヴィントはsitは前足基準でお尻を前に出し、downの時は後ろ足基準で前足を前にずらすので
どうしても前には出てきてしまうけれど、前か後ろどちらかだけでも動かずにいられたら、
それはOKだとする(リードを越えてしまった場合はもちろんやり直し)。

やり始めは戸惑っていたヴィントも、4,5回繰り返すうちになぜ足を踏まれるのか理解した様子。
すぐに直ってくれればいいけど。

次は行進中のコマンド。
『down』に関しては、最近はコマンドを出してから行動するまで
時間がかかるようになってしまいましたたらーっ(汗)
それを直すため、コマンドを出して伏せたらすぐに戻ってご褒美をあげるやり方に戻ります。
ご褒美をあげる時は手からではなく地面に置いてあげる。ここが大事。
毎回ちゃんと置いてあげれば伏せるまでに時間は短くなるということです。

その後、ターンに関しては最初の誘導の手はやめて、
とまる時にまっすぐになるための誘導だけにするようにして、
集中力がなくなってきたためここで終了。

今回はとっても良かったと先生に言っていただけました揺れるハート
どうやら長いスランプからは完全に脱した様子。また来週もがんばろう!

IMGP1341.JPG

帰ってきてからサッサとバリケンinでお休みのヴィンさん。今日もお疲れ様黒ハート




いつもよんでくれてありがとうございます。
ランキングに参加していますexclamation×2
みなさんのポチやコメントがパパとママの励みになってますぴかぴか(新しい)
今日も頑張った!ヴィントに応援のポチをおねがいします揺れるハート
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
犬ブログ村



posted by ヴィントママ at 22:17 | Comment(0) | 躾など | edit
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。