2010年10月21日

スクール☆その37 今日も雨

本日スクール第37回目。今日のスクールは、雨。
...なんか木曜日って、雨が多いたらーっ(汗)

お友達のひなたちゃんが月曜日に足をくじいてしまったようで、
今日は残念ながら訓練前のお遊びはナシ。

スクールに着いたときも、順番を待っている間も落ち着いているヴィント。
雨降りだけど、今日は何とかなるかな?
そう思って開始したヴィントの番。

...やっぱりダメでしたふらふら
前回、前々回の雨の日同様、今回も何故か同じところにワンワンと大興奮あせあせ(飛び散る汗)
そのまますぐにその場を離れても、またそこに近づくとうなり始める。
そこで先生にバトンタッチ。
結論としては、一喝してから何も無かったようにその場を離れる。
ある程度の距離を確保するため、もう1本リードをつないで『ヒール』と声をかけず、
ただひたすら犬を見ないでさっさと歩く。吠えに行きそうだったら一喝してから向きを変え、
何も無ければそのまま犬に歩調を合わせることなく自分勝手に歩き回る。
すると。。。ついて来るついて来るるんるん
犬を見ずに歩いているからどんな顔してるかは分からないけどリードは1度も伸びきることなく
ヴィントはかなり一生懸命脚側につこうとしているのがわかる揺れるハート

結局これで分かったのは、ヴィントはけっこう大丈夫だって事。
そう、やっぱり問題は私たらーっ(汗)
以前からパパと話していたのですが、お散歩中のヴィント、リードをしっかり持っているときのほうが
ロングリードやフリー(ドッグラン)の時より興奮しやすいんです。
でも、それは『リードの長さ』が問題なのではなく、
『リードの長さによって私の気の持ち方が変わること』が原因だと言われました。
短くリードを持っているときはきっとまた行ってしまうあせあせ(飛び散る汗)行ったらどうしよう、しっかり持っておかなきゃあせあせ(飛び散る汗)
また雨が降っているからきっとまた興奮しちゃうあせあせ(飛び散る汗)、その不安な気持ちが全部ヴィントには伝わってる。
もっともっと自信をもってexclamationやっぱりこれに尽きるようです。

DSC_8773.JPG
今日の写真ではありませんが(汗

先生もボーダーを何頭も飼ってらっしゃるのですがそのうちの1頭が生徒さんの犬に向かっていく子で、
先生は『先生が飼っている犬が他の子を襲うなんてとんでもない』と必死でなんとか抑えようとしていたそうです。
けれどある日、思い切ってフリーにし、他の犬へ向かっていくそぶりを見せた時、
そっぽを向いてその場を離れるようにしたところ、急いで戻ってきてそれ以来
他の子に攻撃しようとはしなくなったそうです。
なかなか勇気のいることだけれど、思い切ってリードを持つ手を緩めてみることも必要だよ、と先生は言います。
けれど、事故にあってからでは遅い、そう思うとなかなかオープンな場所でフリーにする勇気は出ませんがたらーっ(汗)
とりあえず、普通の散歩でリードを2、3本つないだものか、ロングリードを半分ぐらいの長さで持ったりで、
『リードが張らない』散歩を心がけるように言われました。(もちろん最初は木の無いところで)

気になるものがあるところを歩く時はひたすら知らん顔でexclamation
向かっていきそうになったら、あれこれ声をかけないで一喝だけしながら向きを変えて
犬を見ないでカツンと引いてそのままさっさと行っちゃうこと。

あれ?以前先生はヴィントが行っちゃいそうな時は、ひたすら連続でコマンド出し続けなさいって
言ってたような?
と訊いてみたところ、それは『訓練中』のときの話であって、
普通に歩いている時に気を引こうといっぱい声をかけるのは絶対にダメだexclamation×2ということでしたあせあせ(飛び散る汗)

とにかく、1にも2にも私が自信を持ってやること、それはもちろん練習不足からくる不安を
何度も練習して、なくすことも必要ですが、1番大事なのはやっぱりヴィントならできる!と
信じてあげることなのかなぁと思います。
ヴィントをもっと信頼してあげなきゃね。



いつもよんでくれてありがとうございまするんるん
ランキングに参加しています。
みなさんのポチやコメントがパパとママの励みになってますぴかぴか(新しい)
大丈夫、僕ちゃんと出来るよ〜揺れるハートヴィントに応援のポチをおねがいします揺れるハート
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
犬ブログ村
posted by ヴィントパパ at 22:32 | Comment(2) | 躾など | edit
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。