2010年09月23日

スクール☆その33 天気もヴィントも大荒れの日

本日スクール第33回目。
天気予報どおりの朝からの雨に、ちょっと憂鬱バッド(下向き矢印)
おにいちゃんがちょっと風邪気味なので、子供達はパパに任せてスクールにはママ一人で行くことに。
スクールに着いたら…めちゃめちゃ寒いっあせあせ(飛び散る汗)
家を出てすぐはわからなかったけどこんな寒いんなら上着持ってくるべきだったぁ〜、
と後悔しつつ一足早かった生徒さんの訓練を見学。
問題点はヴィントと違っても、他の人がやっている訓練を見るのもとっても勉強になりますよね〜。

…それにしても、寒いたらーっ(汗)

雨はドンドンひどくなり風も強く、雷まで鳴り始め…
簡単な屋根が付いただけのスペースなので横殴りの雨が吹き込んできて、
ただ座ってみてるだけの私はもう震えが止まんないふらふら

自分の番が来た頃にはロボットのようになってましたたらーっ(汗)

今日もいつものように脚側歩行から。
それなりには歩けているけど、なんとなくそわそわしてる。
私がヴィントを見すぎているのでヴィントが安心しちゃって集中していないということで、
なるべくヴィントの顔を見ないで歩くようにする。
そうすると、より、私の動きに集中してくれているのが分かります。
アイコンタクトは大事だけれど、やっぱり程々が大事、ってことね〜。

次に、リードを放して遠隔からの呼び寄せをしていたときの事。
今まで落ち着いていたヴィントが突然、激しく吠えながらスクールの隅に向かって猛ダッシュダッシュ(走り出すさま)
私も先生もびっくりexclamation×2
特に雷が鳴ったわけでもなく、雨の日のスクールも今まで何度も経験済み。
全く何が原因か分からないまま、ヴィントの興奮は収まらず、やがてはスクールの中をまたぐるぐるダッシュ(走り出すさま)
先生にも、「ヴィンちゃんはわからないあせあせ(飛び散る汗)今までこんな子を扱ったことがないから
いったいどうすればいいのか困っちゃうふらふら」と言われちゃう始末。

ヴィントは、一度何かに興奮しちゃうと、今までなんともなかった周囲の物にまで
吠えかかるようになっちゃうんです。
でも、吠えて興奮しながらもコマンドはしっかり聞こえているようで、
リードを持っている状態ならあっちを向いて吠えながらでも、簡単なコマンドならちゃんと実行する。

激しく興奮しているのに、コマンドを理解する冷静さはなくしていない。
大抵の犬はここまで興奮しちゃうとコマンドなんて耳に入らなくなるみたい。

でも、ヴィントはまだコマンドを聞ける状態にあるので、改善の余地はあるexclamationと先生。
あれやこれやといろいろ試してみた結果、やっぱり一番の課題はヴィントへの私の対応たらーっ(汗)
ヴィントが何かに向かっていきそうな雰囲気を感じたときに、私が必要以上に緊張してしまうのを
敏感に感じ取ってしまうことが一番興奮を助長させる原因だということ。。。

今までも何度も言われていたことだけれど、やっぱりそうなのねバッド(下向き矢印)

けれどそれだけではなく、こうやって周囲のものに激しく吠える犬は飼い主との絆が強すぎることも多いそうです。
ヴィントに関してはあまり飼い主に依存しているようには思えないけど、
それでも可能性があるのであまり可愛がり過ぎないようにと言われました。
…まぁ、ヴィントは基本あまりベタベタしてくれないので心配ないとはおもうけどね〜。

犬にも飼い主にも、みんなそれぞれいろんなクセがあるので、
それを直していくのはとっても難しいもの。
私の必要以上に構えちゃうクセもヴィントの激しく興奮するクセも、
直すにはそうなってしまった時間の倍以上がかかるそう。

時間かけてゆっくり直すしかないね〜、と先生からとりあえずの対処法と
これからの対策(散歩の場所など)を教わったり、今日の訓練はおしまいに。
私がヴィントの興奮をうまく抑えるコツを早く身に付けることが
やっぱり問題解決の一番の近道。
大変だけど、ヴィントがこうなってしまったのは私の責任。
ヴィントのためにも、これからもスクール頑張るぞぉ手(グー)

DSC_5768.JPG
スクールでは撮影する余裕がないので日曜日のヴィント

いつもよんでくれてありがとうございまするんるん
ランキングに参加しています。
みなさんのポチやコメントがパパとママの励みになってますぴかぴか(新しい)
ママたちにはわからない何かがそこにはあったの〜exclamation
と思ってるヴィントに応援のポチをおねがいします揺れるハート
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
犬ブログ村
posted by ヴィントパパ at 23:06 | Comment(2) | 躾など | edit
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。