2010年08月03日

☆特別講習 in 近所の公園☆

お散歩がまともに出来ないヴィントのために今日は前々から予定されつつも
ずっと延び延びになっていた公園での特別講習が行われました。

場所はいつもヴィントが散歩している公園。以前ちょっとご紹介した場所です。

まず、先生が離れて、いつものように車から降ろすところから。

車から降りて早々駐車されている車に跳びかかろうとして、
ろくに進めないうちに先生からストップexclamation

今まではガツンと引き戻すなり、きつめに『ヒール』をかけて
行きたい気持ちをなんとか抑えようとしていたけれど、

先生に教わったのは、なるべくリードを短く持って引っ張ったら
それに負けないようになるべく動かないことexclamation
ガツンと引き戻したり、方向転換をして反対に歩こうとするのではなく、
全く動かないし声もかけない。
そして少し落ち着いたら腰を押しながら『確実に1度のコマンドで』座らせて優しくほめてあげる。

そこから、いつもの散歩ルートへ。

DSC_2140.JPG

この道を進もうとしたものの、やっぱり樹に向かってガウガウあせあせ(飛び散る汗)
先生に交代するものの、あまりの暴れっぷりに先生が「これヒドイねぇ、私でも抑えられないよ」とたらーっ(汗)
『樹』以外の刺激がないからと選んでいた道だったのですが、
『樹』に対する反応があまりにひどいため、先生、この道を断念ふらふら

となると、残るのは動物たちがいるこっちの道

DSC_2139.JPG

大丈夫なのだろうか...たらーっ(汗)

思ったとおり遠くからでも動物を見つけて激しく吠える犬バッド(下向き矢印)

少し気をそらせようと横を向かせると今度は反対側の街路樹に向かい跳びかかるバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

「ヴィントが気になる対象が1つじゃないのはちょっときついね」と
先生もヴィントに振り回されながら、
「ヴィントは馬みたいふらふら競技や競馬の馬って、目隠ししてる子いるでしょ?
ヴィントもあんなの使ったほうがいいかもしれない」と。

実際、使っている犬もいるらしく、先生は扱ったことはないそうだけど...
そこまでしなくてはいけないのかとかなりヘコみましたバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

それでもなんとか動物のそばまで近づいて、ご挨拶させると興奮は若干収まり、
それを見た先生の表情がちょっと変わるひらめき

「ヴィンちゃん、ご挨拶すればちょっと落ちつくのね。じゃあ」

と動物たちに一通りご挨拶をさせてから少し離れたところへ。
やっぱりちょっと跳びかかろうとするのをリードを短くして
なるべく前足が浮かないように制御しながら少しずつ近づいていく。
リードの長さ分くらいまで近づいたら「OK」とリードを緩めて匂いをかがせてあげる。

それで落ち着いたらまた次の動物まで同じように。
途中、こっちを見ることがあればやさしくほめながらご褒美。
落ち着いているときに時々、腰を押さえて「Sit」でほめてご褒美。
近くにある樹にも、同じように少しずつ近づいて行って
慣れてきたら今度はリードを緩めた状態で同じように。
まだ飛び掛っていくようならまた短く持つのからやり直し。

これを繰り返していると、なんとexclamation×2
周辺の動物や樹を全く気にしなくなったではありませんか〜ぴかぴか(新しい)
そしてそこでなんと、コマンド練習までできちゃうぅハートたち(複数ハート)

「今は全く気にしなくはなったけれど、明日来たらまた跳びかかろうとするかもしれない。
でも、とりあえず1週間続ければ、この様子だったらここは大丈夫な場所になる」

あぁ〜、夢みたいな言葉ぴかぴか(新しい)

目隠しまで必要かもしれないと言われていたヴィントが
1週間頑張れば公園の中で落ち着いて行動できる場所ができるんだぁ揺れるハート

ここが大丈夫になれば、同じようにもう1本向こうの樹まで。
そこにも慣れればさらにもう1本新しい樹まで...。
焦らず少しずつ、やっていこうと思います。

それと、もう1つ。

IMGP0909.JPG

動物たちのそばにあるこのきのこのテーブル。
ここでの訓練が終わったあと、このテーブルに抱えて乗せ、
飛び降りないように注意しながら「Stand」のままで体中を優しく触ったり、「Wait」でまわりをまわってみてご褒美をあげたりと、
そのテーブルの上が心地のいい所だと思えるようにしてあげなさいと言われました。

これはパピークラスで訓練に入るまえにまずやる事で、
これをすることによって、言うことをよく聞くようになるし、
この場所での警戒心もなくなるそうです。

いろいろな物への反応が激しいヴィントだけれど、
  歩行者に対してはまったく向かっていかないことと
  興奮して、気持ちが向こうに行っていてもご褒美を食べてくれること、
  そしてちゃんと我に返ってくれること
この3点があるおかげで、なんとか直すことができそうです。

他の子たちのように普通に散歩が出来るまでにはまだまだ時間がかかるけど、
それでも光は見えてきましたぴかぴか(新しい)
はやる気持ちを抑えて、地道に頑張っていこうと思います。

IMGP0728.JPG
今日はヴィントの写真を撮る余裕がなかったのでしばらく前のお散歩での写真です


いつもよんでくれてありがとうございまするんるん
ランキングに参加しています。
みなさんのポチやコメントがパパとママの励みになってますぴかぴか(新しい)
公園の動物たちをちょっとだけ克服したヴィントにおめでとう黒ハートこれからも頑張れ〜exclamationのポチをおねがいします揺れるハート
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
犬ブログ村

posted by ヴィントママ at 23:31 | Comment(8) | 躾など | edit
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。